140 views

MacからWindowsに戻して驚いたこと、不便なこと。

「まだMacなんて使っているの?」

「えっ、君のパソコンはタッチできないの?やだ~」

・・・となる日も近いだろう(適当)

 

先日Surface Proを買いましてついにMacbook Airを引退させました。といってもiPad Proのようにすぐ売り払うなんてことはしません。いちおうMacなのでいつかiPhoneアプリをビルドするときに必要になるでしょう。

ていうかなんでみなさんMac使っているのでしょうかね?やっぱ見た目でしょうか?

個人的にMacからWindows(正確にはSurface Pro)に移ってから不便になったことは1点だけありました。

 

スポンサーリンク

唯一の不満、iPhoneとファイルを簡単にやり取りできるAir Dropが使えなくなった。

これは地味~に不便です。

一応言っておくと、WindowsでもiCloudDriveは使えるのでiPhoneの中の画像は自動で同期させることができます。

しかし!例えば「iPhoneで開いてるwebページをPCに送りたい」ってなるとなかなか面倒です。

今まではiPhoneから「共有」→「Air Drop」でMacにおくれたのですが、
今はiPhoneから「共有」→「Chromeで開く」→PCからChromeの「履歴」から開きます。

こればっかりはしょうがないですね~。。。

 

とはいえ、やはりタッチとペンが使えるのは大きいです。

ペンを使えばiPad Proと同じようにノート代わりにすることもできますし、タッチができるのでちょっとした作業効率も上がります。

プログラミングだってできるし、ちゃんとしたPC用のブラウザが動いているのでWordpressで記事を書くことができます。

またちょっとした画像編集にも使えるので便利です。

 

操作性はMacと(ほぼ)変わりません。

正直、Macの操作性がよすぎてWindowsに戻すのがちょっと不安だったのですがほぼ違いがありませんでした。

例えばMacのトラックパッドで3本指でスライドすると仮想デスクトップを移動できますよね。あれはWindowsでも出来るんです。(windows10から機能らしいです。)というか今までMac特有のものだと思っていたトラックパッドの操作性が意外とMac遜色なく使えてちょっと驚きです。

ここまで操作性がMacと変わらないとなるともはやMacに残るメリットってデザインくらいしかないように思えるのですが…

 

 

スポンサーリンク

(まとめ)ペンとタッチが使えるWindowsとデザインが優れているMac

結局このどちらをとるかってことになりますよね。というかWindowsがここまできたというべきか。

正直、今まではWindowsには

  • フォントが汚い
  • 操作性がMacに比べてひどい

などなどいろいろと不満がありましたが、進化したんですね~。

最近のMicrosoftのエバンジェリストさんたちはMacbookを使ってプレゼンをしていたり、Windowsのインターネットエクスプローラー(標準のブラウザ)を自らDisっています。マイクロソフト側も独自路線を行くというよりもどんどん良い機能を取り込もうという姿勢に切り替えてきたのでしょうかね?

Windowsの操作性がMacに近づいたから逆に今度はMacにタッチ機能が追加されたりして笑

 

スポンサーリンク

このブログの運営者

アライユウキ

毎日片道1時間半かけて大学に通う社畜予備軍。
高校までは文系でしたがいろいろあって現在はガチ理系工学部にいます。
今はプログラミングのお勉強に時間をかけています。
当ブログは現在月間80000pv。