大学生にクレジットカードは必要?どんなメリットがあるの?

この記事は「これからクレジットカードをつくろうかな〜」と考えている大学生に向けて書きました。

大学生になるとクレジットカードが作れるようになります。新生活に合わせて1枚作っておこうかという人も多いかと思います。

大学生になるとクレジットカードが使える機会が今までと違ってとても増えてきますので便利ですよ。

でもクレジットカードって、まだ持ったことがない人からすると、わからないことだらけで手が出しにくいものなのかもしれません。

例えば、

「大学生にクレジットカードは必要なの?まだ早くない?」

「クレジットカードを使うメリットってあるの?」

「そもそも大学生ってクレジットカードの審査に通るの?」

「おすすめのクレジットカードは?」

「使いすぎないか不安…」

クレジットカードを作る前はこんな感じでわからないことだらけだと思います。

この記事ではそうしたクレジットカードの基本知識を書きまとめました。

長い記事になりますが、ゆっくり最後まで読んでもらえると嬉しいです。

 

こんな記事を書いている僕も大学生で、大学入学と同時にクレジットカードを作りました。最初はもちろん不安もありましたが、今ではなくてはならない存在です。ほんと便利ですよ。

 

スポンサーリンク

大学生がクレジットカードをもつ5つのメリット

まずはクレジットカードの基本知識の前に大学生がクレジットカードを持つメリットについて知ってもらいたいと思います。

というのも実は、クレジットカードを使うことにはメリットがたくさんあって逆に使わないのはとても損をしているとも言えるほどなんです。

僕自身、最近までクレジットカードを持っていなくて損をしていました。

なのでまずは学生がクレジットカードを持つことのメリットを書いていきますね。

 

1,現金払いとは違って、全ての支払いに還元がある

めちゃくちゃ簡単に説明すると、家電量販店のポイントカードのような感じです。違いは全ての支払いにポイントがつくということ。

例えば、何かAmazonで5万円分の大きな買い物をしたとします。

するとその時に使ったクレジットカードの還元率が1%の場合(学生用の三井住友カード)、500円分のポイントがたまるのです。

しかもクレジットカードのポイントの他にそのお店のポイントも貯まります。

この時点でかなりお得ですね。

 

もちろんクレジットカードが使える支払いならばどこでもポイントが貯まるので、例えばコンビニでの細かい支払いや一人暮らしの場合は光熱費をクレジットにしてもいいかもしれません。

年間使うお金が多ければ多いほどクレジットカードにポイントが貯まるというわけです。

逆にそれらを全部、現金払いしてしまうとすごく損をしてしまいます!

 

2,インターネットで気軽に買い物ができるようになる

Amazonのようなネットでの買い物ではクレジットカードは必須です。

Amazonなどのネット通販では実店舗にはないセールをやっていることもありますし、ネットで映画の券を買って席を確保しておくこともできます。

 

そんな時にクレジットカードを持っていれば、
もうお父さんと

あなた:「これ買っておいて!」

父:「ん?なんだこれ?こんなもの必要あるのか?」

あなた:「いいから買ってくれよ!!」

父:「いやいやちょっと待てよ、俺が学生の頃はもっと…」

なんてやり取りをせずに済みます。

 

ネット通販の場合はクレジットカード払いをしないで、代引きにすることもできますが、そうするとと代引き手数料というのがかかります。これは損ですよね。

これからの時代、どんどんインターネットでできることが増えていくと思われますが、それもクレジットカードがなければ使うことができません。

例えば、僕は学生限定のAmazonのサービス、Prime Studentに入っているのでAmazonでの買い物では送料が無料です。

また、本の場合は10%もポイントが付くのでかなりお得です。

 

僕はクレジットカードを作ってから買い物の9割くらいはAmazonで済ませてしまっています。

わざわざ実店舗で物を探すのも面倒ですし、特に本なんてメチャクチャお得に買えちゃいますしね。

 

3,使った金額が一目でわかる

「クレジットカードを使い始めると、お金を払っている感覚がなくてどんどんつかっちゃいそう…」

とか考えてた頃が僕にもありました。

たしかにクレジットカード払いをするときは自分の財布から現金を取り出さないので使いすぎてしまうかもしれないと心配する気持ちもわかります。

ですが、そんな心配もクレジットカード会社のアプリをスマホにインストールすれば無くなります。

クレジットカードのアプリをスマホにインストールすることで、常に自分が今月いくら使ったのかがわかるようになります。

三井住友カードのアプリで使った金額がわかる。

モザイクがかかっている部分に今月使った金額が書かれています。使いすぎ防止になります。

 

4,今月入ってくる金額を予測してお金を使える

バイトをしている学生はだいたい今月はいくら入ってくるかって予測ができると思います。

クレジットカードの種類にもよりますが、僕の使っているクレジットカード(三井住友)の引き落とし日は使った次の月の26日です。

バイト代が入ってくるのは25日が多いと思いますので、毎月入ってくるバイト代を見越してお金を使うことができるようになります。

 

言い方は悪いですが、無利子で借金をしているような感じですね。ここら辺の仕組みがクレジットカードが怖いと思わせてしまうのだと思います。

 

5,Apple Payで支払いができるようになる

iPhone7以降の機種やAppe Watch2以降を持っている人はApple payが使えるようになります。

Apple PayとはiPhoneやApple Watchをリーダーにかざして支払いをするものです。Suica払いのような感じ。

iPhone内にSuicaやクレジットカードを複数枚入れることができるので便利です。

(三井住友visaカードの場合電子マネー、idとして支払える)

僕のiPhoneとApple WatchにはSuicaと三井住友カードが入っているので財布いらずです。

なのでコンビニなどでは基本的にiPhoneに入っている Suikaで支払って、チャージはiPhone内のクレジットカードで行います。

確実に現金払いより払いですし、ポイントもついてお得です。

 

大学生に三井住友Visaカードをおすすめする8つの理由

大学生におすすめするクレジットカードは三井住友Visaカードです。

たぶんテレビでCMもやっていたので知っている人も多いかと思います。

僕の周りの大学生でクレジットカードを持っている人は大抵このカードを持っているほど人気です。(次にAmazonのクレジットカード)

そしてこの僕もヘビーに使っています。



 

おすすめする理由としては

  • 安心のVisaブランド
  • 年会費が無料
  • 使った金額がアプリでわかる(Web明細書)
  • いろんなサービスがついて年会費無料
  • セキュリティが抜群
  • 海外旅行に安心
  • ポイントがたまる
  • 電子マネーiDが便利(Apple Watch対応)

という感じです。

三井住友カードのサイトにも書かれているのでこちらも合わせて読んでみてください。

合わせて読みたい

三井住友VISAカード

こまかく説明していきますね。

 

1、安心のVisaブランドだから海外旅行や留学でも使える!

まず、Visaカードっていう名前は聞いたことがあるかと思います。

これはクレジットカード会社の名前です。

他のクレジットカード会社には

  • マスターカード
  • アメリカンエクスプレス
  • JCB
  • ダイナースクラブ

があります。

「何となく聞いたことあるな〜」って人も多いかと思います。

っで、Visaカードはその中でも一番シェアが大きく、世界No1なんですよ。(58%)

なので世界200ヵ国以上の国と地域で使えます。

また、今回おすすめしている三井住友Visaカードは1980年の2月から日本初のVisaカードとして発行されています。

歴史が長いですね。

 

2、いろんなサービスがあるのに年会費が無料

便利なクレジットカードですが、今回紹介している三井のデビュープラスカードは初年度無料、次年度は1回以上の利用で年会費が無料になります。

なのでまぁ年会費については心配しなくてもいいですね。

で、肝心の三井住友Visaカードのサービスについては

  • 海外旅行に安心
  • ポイントがたまる
  • 電子マネー
  • 不正利用チェック
  • Web明細

ってところです。

それぞれ書いていきますね。

3、セキュリティ面が安全

三井住友カードならモニタリングと会員保証制度があります。

簡単に書くと「不正利用を防止しますよ」ってことです。

また、会員保証制度によって特別なケースを除いてカードの紛失・盗難の届け日から60日以内であれば不正利用の分を補償してくれます。



 

大学生もクレジットカードがあれば海外旅行で活躍する・保険がつく

海外でもクレジットカードがあることで

  • 多額の現金を持ち歩かないので安全
  • 両替をしなくて済む
  • 海外保険がついている

といったメリットがあります。

先ほどまでは三井住友Visaカードをおすすめしていましたが、海外での利用にはもっと適したクレジットカードが他にあります。

海外で使うためのクレジットカードを選ぶ基準として

  • クレジットカードのブランド
  • 海外旅行傷害保険
  • 海外デスクサポート
  • 盗難補償

があります。

つまり補償があるかないかなんですね。

先ほどまで推していた三井住友カードは日本国内での利用は最適なのですが、海外での補償がついていません。

補償がないと何が危険なのかと言うと、海外でケガをした時に高額な治療費が請求されるんです。

治療費が高額なのは違法とかではなく、私たちがその国の保険料を払っていないから治療費を全額払う必要があるからなんです。

その補償をクレジットカード会社にしてもらおうという話なんです。

このクレジットカードの海外保険については後述します。

 

また、クレジットカードのクレジットはcredit=信頼・信用と言う意味で、クレジットカードを持つことは海外において信用の証明になります。

なのでホテルのチェックイン時やレンタカーを借りる時に提示を求められることもあるので、ないと不便な思いをするかもしれません。

というかそれ以前に現金を持ち歩くのは危険なのでクレジットカードは必須なんですけどね。

クレジットカードがあれば多額の現金を持ち歩かなくて済むので安全

海外ではコーヒー1杯にもクレジットカードを使うほどクレジットカードが普及しています。なぜこれほど海外ではクレジットカードが使われているのに日本では現金が使われているのでしょうか?

これはもしかしたら治安に関係があるのかもしれないと僕は思っています。

例えばもし、現金10万円を盗られたとすると、そのまま10万円がなくなってしまいます。しかしクレジットカードの場合は不正利用分は会社が補償してくれるので安心です。

日本で財布を置き忘れることはあってもひったくられることはあまりないと思います、しかし海外は日本ほど治安が良くありません。ひったくられるかもしれないと考えるとクレジットカードを持っていた方が安心できますね。

また、両替もしなくて済むので楽です。

 

クレジットカードの海外補償について

クレジットカードの保険には2種類あります。

「自動付帯」と「利用付帯」です。

自動付帯はその名の通り自動でつく保険なのですが、利用付帯の場合はそのクレジットカードで旅費などを払っている必要があるなど条件があります。

この記事の前半で紹介していた三井住友カードは利用付帯なのでちょっと不便というわけです。

自動付帯のクレジットカードにはエポスカードなどがあります。

 

 

スポンサーリンク

大学生になったらクレジットカードを作ろう

というわけで大学生におすすめなのは三井住友Visaカードです。海外で使う予定があるのならエポスカードを作っといてもいいかと思いますよ。

個人的にデザインもよく、かなり気に入ってます。

三井住友Visaカードのお申込はこちら



スポンサーリンク