僕はApple信者なのでどんなにiPhoneに傷がついても全然問題なく、むしろ喜んでしまう体質なのですが…

どうもカメラの傷だけが気になってしまうのです!!

iPhone7からカメラがものすんごく進化していてですね、ちょっとビビっているのです。

僕はiPhone6sも裸で使ってきましたが、それでもカメラ部分だけは保護していました。

iPhone6sの時はカメラリングという、iPhoneのカメラの周りに分厚いリングを貼って、カメラが傷つくことを防ぐことができました。

でもAmazonを探して見てもあんまりないんですよね…

*追記 最近出てきました!↓のボタンからAmazonに飛びます。

 

っでしょうがないので今回、もう今までiPhoneをケースなしで使ってきたのだから、

むしろ超ゴツいケースを使ってやろうじゃないか!( ̄ω ̄;)

ってわけで買いました。しかも米軍MIL規格を取得したケースです!笑

Spigen公式サイトから引用

 

 

スポンサーリンク

今回買ったiPhone7用の超ごついSpigenのケースはこちら!ラギッド・アーマー!

米軍MIL規格取得ってすごくね!?笑

超ゴツいし良いじゃん!!

ラギッド・アーマーっていう名前らしいです。

早速レビューしていきたいと思います。

 

超ごついSpigenのケース、ラギッド・アーマーの外観レビュー

外箱はこんな感じです。

Spigenのケース

Spigenラギッド・アーマーの外箱

 

まぁよくある箱ですね。

ちなみに中身も超シンプルです。

ラギッド・アーマーの中身

Spigenラギッド・アーマーの中身

むしろ余計なお金が使われていなく、2000円弱がすべてケースにかかっていると考えるとすごく良いですよね。

Spigenの背面

Spigenラギッド・アーマーの背面

衝撃吸収性を高めるエアクッションを内蔵し、メカニカルな意匠をもつ新しいコンセプトのTPUケースです。
製品の特徴
柔軟なTPU素材にメカニカルな意匠を与えた、新しいコンセプトのケースです。
過度な装飾はせず、iPhone 7 のスリムなシルエットや機能性を損ないません。
ケース内側四隅に設計されたエアクッションが万が一の落下時にも端末を保護します。

Spigen公式サイトから引用

Spigenラギッド・アーマーの背面2

Spigenラギッド・アーマーの内側

この蜘蛛の巣のような形状がiPhoneを衝撃から守ってくれるそうです。

頼もしい!!

 

Spigenラギッド・アーマーをiPhone7ジェットブラックに装着してみた

こんな感じになります。

背面

Spigenラギッド・アーマーをiPhone7に装着してみた-背面

Spigenラギッド・アーマーをiPhone7に装着してみた-背面

Spigenラギッド・アーマーをiPhone7に装着してみた-前

Spigenラギッド・アーマーをiPhone7に装着してみた-前

ちなみにつけているガラスフィルムはAnkerのものです。←レビュー記事書いています。

 

 

スポンサーリンク

カメラもディスプレイも地面につかない設計

画面側に関しては画面が地面につかないように設計されています。

また背面に関してもカメラが地面につかないように設計されています。
↑これ重要!!

 

うん、ゴツいだけある。

せっかくiPhoneにケースつけるならこういうところもちゃんとチェックしましょう。

たまにカメラがケースより出っ張っているという商品もあるので注意しましょう。

Spigen公式サイトから引用

うん!完璧だな!

 

どんなケースにしようか迷っているiPhone7ユーザーはSpigenラギッド・アーマーをおすすめします!

かなり気に入っています。今までiPhoneにはケースもフィルムもつけていなかったので、これまた新鮮な気分です。

Ankerの保護ガラスフィルムとの相性もいいし!

カメラも地面につかないし!

徹底的にiPhone7を守りたいという方はもうこのSpigenラギッド・アーマーで決まりでしょ!

 

 

スポンサーリンク

このブログの運営者

アライユウキ

毎日片道1時間半かけて大学に通う社畜予備軍。
高校までは文系でしたがいろいろあって現在はガチ理系工学部にいます。
今はプログラミングのお勉強に時間をかけています。
当ブログは現在月間80000pv。