6,306 views

【VR】iPhoneの画質が全然足りてない!4Kスマホは正解だった!

iPhoneの画質が全然足りないんですよ。マジで。僕もまさか人類に326PPI以上のディスプレイが必要になるとは考えもしませんでしたよ。

この記事を読んでいるあなた、初めてiPhoneのディスプレイを見た時の感動を覚えていますか?

その時思ったでしょう。
こりゃスンゲェ綺麗だな。と

僕もその一人でした。
しかし今、VRを体験してしまったこの僕は!iPhoneのRetinaディスプレイには全然満足できないのですよ!!

むしろ全然足りてないとすら思っています。

 

 

スポンサーリンク

用語解説 :ppiとは

ppiというのは1インチあたりのピクセルの数…簡単に書くとピクセルの密度ってところです。
(人口密度的な感じ。)

その密度が高くなればなるほど画面が綺麗に見えるわけです。

っで人間の肉眼で感じることができるそのppiの数値はというと大体300ppiといわれているようです。
(ごめんなさい、この辺は個人によります。)

 

iPhoneの画質

初めてiPhone4の画面を見たとき、これはもう最強だ!これ以上の画素数なんて意味ねぇ!なんて思った方も多いはず。

先ほども書きましたが、人間の肉眼で認識できるppiは300と言われていますので、この時点で「もうこれ以上ppiを求めるのは無意味だ」なんて意見もネット上では結構あります。

画素数が増えれば増えるほどバッテリーも喰いますし処理も重くなります。

そういった面を考えるともうこれ以上ppiを突き詰めたスマホって出ないんじゃないの?なんて考えていましたが…

 

しかし4Kスマホが登場した

ちなみに4Kというのは一般的な画質のTVが持つ1920×1080個のピクセルの4倍という意味です。

あのどデカイTVの画質が小さなスマホのディスプレイに収まっているんですよ。しかも4Kなのでその4倍!!!

4Kスマホの存在を知った時は驚きました。あのiPhoneの4倍の画素数を入れたの!?絶対意味ないだろ!!って。

あれから数ヶ月が経ち、やっとその有用性に気づきました。

VRです。

 

 

スポンサーリンク

スマホでVRを快適に楽しむ

本題です。

先日スマホ、というかiPhoneでVRを楽しんだのですが、ここで思ったのです。
あれ?意外と画質が悪い…?

関連記事 :スマホでVR体験をしてみました!おすすめのゴーグルやアプリも紹介していきます。

 

そうです。
上の関連記事を読んでもらえればわかるのですが、スマホのVRって意外と仕組みが単純で、スマホ画面の半分を左目、もう半分を右目、という感じで分けているんですよ。

すると当然、実際にVR上で見る画素数は半分になりますよね。

僕が使った端末はiPhone6sなので解像度は1334×750で、その半分は667×375です。
667×375ですよ!?

完全に昔のスマホの画質ですね。ピクセルが見えてしまっています。感覚としてはNintendoの3DSの感覚と同じです。若干ですが画質が良くないんですよ。

もうね、アナログテレビみたいな感じです。

 

もし僕がVRを4Kスマホで楽しんでいた場合、画質は4Kの半分で2Kです。

先述の通り、4Kは一般的なTVの持つ1920×1080の4倍の画素数です。なので2Kと考えるとTVの2倍の画質で見ることができるのです。

逆にここまでくるとまた過剰に画質がいい気がしますが…。とにかくそのくらいの画素数がVRを楽しむのには必要なのですね。

 

まだまだiPhoneだって性能が足りない

一昔前ではもう十分な画質だ、なんて言われていたiPhoneですがVRが登場してからというものの、若干の性能不足感じることとなりました。

今月はiPhone7が発売されましたね。まぁすんごい!A10fusionチップですか!!iPhone6の2倍の性能ですか!!
…なんて思っている今ですが、これからまたどんな凄い、VRに変わるものが生まれてくるかわかりませんよね。

 

このように一見すると過剰に感じる性能でも、意外とまだまだ甘かったりするんだな〜

なんて満員電車の中で思った今日この頃です。

スポンサーリンク

このブログの運営者

アライユウキ

毎日片道1時間半かけて大学に通う社畜予備軍。
高校までは文系でしたがいろいろあって現在はガチ理系工学部にいます。
今はプログラミングのお勉強に時間をかけています。
当ブログは現在月間80000pv。