1,045 views

月に1つは口内炎ができる僕が使っているおすすめの薬を紹介します。

 

もはや僕は口内炎になるプロなのかもしれない…。

ぼくねー、よく口内炎になるんですよ。
良くっていうか月に1つね。
しかも場所は決まって舌の奥。
たまに舌の裏だったり。

 

ホントね、ホントにマジで舌の奥にできる口内炎はキツイ…
なんたって喋ることすらできないし、もちろん食べられない。

 

よく口内炎になる原因って栄養が足りないだとか、食べ過ぎだからで体が信号を出してるんだよ!
なんて言われたりしているそうですね。

 

ですが、毎月1つは口内炎ができる、口内炎になるプロ

である僕から言わせてもらえば、
 口内炎の原因はただ噛んで傷がついて、そこにばい菌が入ったとかだと思っています。
そうじゃなきゃ毎回同じところにできるわけがない!!

 

口内炎ごときで弱音吐くなって言われることがありますが、ぼく思うんです。ただの口内炎だったらそんなに弱音は吐かない。ただ日常生活に支障が出るほどの痛みがあるんだよ。舌の奥にできる口内炎はヨォォ!!

 

っで何度も口内炎になると、だいたい口の中を噛んだりすると予感できます。
「あっ…これ明日口内炎になるやつだ…」ってね

 

今回はそんな風に口内炎になるなーって予感した場合や、もう口内炎になってしまった人向けにおすすめの市販薬を書いていきます。

 

 

スポンサーリンク

まずは口内炎の仕組みと原因から

…と、ここで僕が持論を展開してもしょうがないので、医師が監修していて信頼のできるサイトから引用しましょう。

口内炎ができた理由として最も多いのが、食事中に口の中を噛んでしまい、傷口が炎症を起こしてしまうケースです。しかし、要因は傷だけとは限らず、実のところはっきりと解明されていません。ストレスや疲労、ビタミンB群の不足によって体力が低下している時に、口の中の細菌が増殖して炎症を起こすとも考えられています。

参考記事 :白い口内炎の原因と正しい治し方:ヘルスケア大学

 

なるほど、やっぱり噛むと口内炎になるんですね。
でも他にも原因はあるようで、はっきりとはわからないんだそうです。

それでは僕が使っている市販薬を紹介していきましょう。

 

アフタッチや口内炎パッチなどの口内炎に貼る薬

口内炎に直接貼るものがあります。

 

例えばアフタッチ!

 

完全にフタをすることになり、
口とか歯に直接当たることがなくなるので結構効果あります。

[アフタッチAは・・・] “貼る”口内炎治療薬です。口内炎をしっかり保護し、薬の成分が徐々に放出されて 患部に作用します。 お薬は貼付後しばらくするとゼリー状になり、自然に溶けてなくなります。
[「口内炎(アフタ性)」とは] 頬の内側や舌、唇の裏側などに、周りが赤っぽく、中央部が浅くくぼんだ白っぽい円形 の痛みを伴う浅い小さな潰瘍(直径10mm未満)が1~数個できた炎症の総称です。 その原因は明確ではありませんが、ストレス、疲労、あるいは偏った栄養摂取が関与 すると言われています。

 

【指定第2類医薬品】アフタッチA 10錠より引用

 

他には…

口内炎パッチ大正Aはパッチタイプの〝貼る“口内炎・舌炎治療薬です。患部を刺激からしっかりカバーし、 有効成分がだ液で流れず、口腔内ですぐれた付着力をもつため、効果的な治療ができます。

【第3類医薬品】口内炎パッチ大正A 10パッチより引用

使い方

使い方としては、まず口内炎の部分の水分をティッシュなどで拭きます。
ちなみに超痛い。
そんで貼る…っといった感じです。

簡単そうですが、初めは意外に難しい。
2.3回やれば慣れます。

 

貼る薬のメリット

口内炎部分を完全にフタをすることができるので、患部に直接触れることがないです。
なので随分と痛みをやわげることができます。
もちろん口内炎に対する有効成分も含まれているので早く治るでしょう。

 

貼る薬系のデメリット

こういう系の薬はもちろん良いのですが、デメリットがあるんですよ。

 

まず、貼るときに水分が入っていた場合、すぐにはがれます。
そして水分を拭く時が超痛い! 

また、ちゃんと貼れたとしても何かの拍子にはがれてしまうこともあるんですよ。
(例えば下でこすっちゃった…とか)

この結構強力に張り付いているこのシールがはがれるとどうなるか…
そう、痛い。
とにかく痛い。
どのくらい痛いかというと、普通に血が出てくるくらい。

 

…とまぁ随分とデメリットばかり書いてしまいましたが、自分でちゃんと剥がさないように管理できるのならばとっても良いものだと思います。

なんたって、口内炎部分がフタをされるんですからね。

だいたい僕はこれを、何の予定もない休日に貼ったりしてます。
外出中とかだとつい舌で舐めて剥がしてしまうので。

 

ジーロップBB

商品紹介 ●本品は、肌あれ・にきび・口内炎の緩和と疲れた時に効果的です。ビタミンB2が 細胞の新陳代謝を助け、皮膚、粘膜の症状を改善します。 ●本品にはビタミンB2の他、皮膚のビタミンと呼ばれるビタミンB6、疲れによい ビタミンB1やパテント酸カルシウム、ニコチン酸アミドに加え、ガンマ-オリザ ノールなどの有効成分が強力しあって体全体の働きを円滑にし改善します。

【第3類医薬品】ジーロップBB PB 250錠より引用

 

これ今も使っています。笑

FullSizeRender 28  

ほら、冒頭にも書いた口内炎の原因の一つってビタミンB群の不足だったじゃないですか?
そのビタミンB群を補給してくれるのがこのジーロップBBです。

 

ちなみにビタミンB群ていうのは肌にもよくて、
僕も服用してから肌がキレイになったような気がします。
もちろん口内炎が治ったらやめてくださいよ!?笑
肌がキレイになるからってずっと服用するのはまずいっスよ!

 

ちなみに肌をキレイにする目的ならサプリメントがおすすめです。

 

安心のDHCです。

 

 

スポンサーリンク

ケナログ

これはみなさん知っているでしょう?
僕なんてもう幼稚園児時代から口内炎になる度にお世話になっていますよ。

本剤は、口腔粘膜への優れた付着力があり、患部を保護するとともに、抗炎症作用に より患部の炎症を抑え、口内炎・舌炎の痛みなどを改善します。

【指定第2類医薬品】ケナログA口腔用軟膏 5gより引用

 

まぁ確かに効果はある。
あるけれども…
これ、すぐ舐めてしまうんですよねぇ。

わかるでしょ!?この気持ち!!

 

とまぁあんまり、個人的には苦手です。
でも口内炎対策の王道ではありますよね。

 

イソジン

これは意外でしょう?
先ほどの冒頭でも書いてありますが、口内炎の原因の一つに口内のばい菌があります。
そのばい菌をイソジンで殺そうというわけです。

 

それにしても、イソジンを使うなんて小学生以来だ…なんて人もいるんじゃないですか??

 

口内炎がひどかったら歯医者に行くのも手

僕は小さい頃から口内炎がよくできる人なのですが、初めて「舌の奥」にできたのは高校1年の冬です。

マジであの時は痛くて何にも食べられなくて、しゃべれなくて…
歯医者に行きました。
口内炎で、もし耐えられないのなら歯医者に行ってみるといいですよ?

 

歯医者で出される薬

僕の場合は鎮痛剤と普通にケナログ的なものが出されました。
鎮痛剤が結構良かったです。
塗れば痛みが引いて、なんとか食べられるようになりましたよ。
ホントに耐えられないのなら歯医者がおすすめ!!

 

月に1つは口内炎ができる僕が使っているおすすめの薬を紹介しました。

はい、どうでした?
口内炎になったらこのブログのことを思い出してください。
「あのブログのあいつは月に1つは口内炎ができているんだ…」って。

 

まぁどんなにキツくても口内炎は10日くらいで治ります。
ジーロップBBを飲んでアフタッチ貼って耐えましょう。

スポンサーリンク

このブログの運営者

アライユウキ

毎日片道1時間半かけて大学に通う社畜予備軍。
高校までは文系でしたがいろいろあって現在はガチ理系工学部にいます。
今はプログラミングのお勉強に時間をかけています。
当ブログは現在月間80000pv。