4,419 views

性能を重視するならMacBook Airなんて買っちゃダメ!4年前のProと同じ性能だからね??

性能を重視するならMacBook Airなんて買っちゃダメ!

4年前のProと同じ性能だからね??

 

最近ホントにベンチマークスコアを見ることにハマっていましてね。暇さえあれば見ていますよ。

そんなことをしていたらあることに気づき、比較してみてみました。

 

あれ?

2015年のMacBook Airと、

2011年のMacBook Proのスコアがほとんど同じじゃん!?

 

よくいるじゃないですか?

来年になったらもっと性能のいいMacBook Airが発売されるから待とう!

とかいう人。

わかりますよ、ゴードンムーアの法則があるから次世代を待ったほうがいいって考え。

 

ただ最近はもう性能面(ベンチマークスコア面)では一気に伸びる!

なんてことは言えなくなっていきそうです。

 

ちなみにゴードンムーアの法則っていうのは18ヶ月後ことにトランジスタ数が倍になるよっていうものです。

つまり簡単に書くと、18か月ごとに性能が良くなるよって話です。

 

 

スポンサーリンク

MacBook AirとProの性能比較

タイトルにも書きましたが、2015年度のMacBook Airと2011年度のMacBook Proのスコアがほとんど同じなんです。

 

 

だから2011年度にMacBook Proを買った人は2015年にMacBook Airを買っても全然性能面で違いがわからないんです。

ただしこれはMacBook Pro購入時にドライブをSSDに変更している場合の話

 

すごくないですか!?

4年の時を超えてパソコンを買ったのに全然スコアが上がっていないんですよ!?

 

僕的には超おどろきです。

 

それぞれのベンチマークスコア

それぞれのベンチマークスコアを見てみましょう。

参考にしたのはここ

 Geekbench Browserの中のMac Benchmarks!!

ここの64bit Multi-Coreのところです。

参考URL :https://browser.primatelabs.com/mac-benchmarks

 

 

MacBook Air 2015年版!!

CPUはIntel Core i5-5250U 1600 MHz。

 

こちらのベンチマークスコアが

5638

覚えておいてくださいね。

 

っで次はMacBook Proです。

2011年版でCPUが

Intel Core i7-2620M 2700 MHzです。

 

こちらのベンチマークスコアが

5551

です。

 

5631と5551。うん、全然変わらんね。4年経ったのに。

 

 

そもそもMacBook Airに性能は求めていいの?

これなんですよね。

先ほどから性能性能と書いていますが、そもそもMacBook Airの強みって性能なんでしょうか?

多分違いますよね。性能を売りにしているのはMacBook Proのはず。

 

じゃあMacBook Airの強みってなんなのよってことなんですが、僕的には

  1. 軽さ
  2. 薄さ
  3. 安さ

の3点だと思うのですよ。

 

軽くて薄い

MacBook Airの強みである

軽さ・薄さについてはみなさんご存知の通りだと思います。

 

多分、この2点を達するために熱を抑える必要があると思うんです。

 

熱を抑える

高性能なコンピューターってすんごい熱を発するんですよ。

熱が出るのなら冷却するための構造が必要ですよね?

 

例えばスパコン(メッチャ高性能なコンピューター)

の冷却なんてすごいんですよ!?

 

あれ、クーラーですから。

みなさんが使っているパソコンには多分、扇風機みたいなのが冷却をしています。

つまり、高性能にすればするほど熱を抑えるための構造が必要なのですよ。

 

 

逆に性能を抑えれば熱が発生しにくいとも言えます。

熱が発生しなければ冷却のための構造が必要ありません。

そしてその構造の分、スペースが空くっていうことです。

 

なので、あえてMacBook Airの性能は抑えられているんじゃないかって思います。

 

MacBook Airに性能を求めるのは間違い

性能を求めるのならMacBook Proを買いましょう。

単純に考えて、4年後のMacBook Airと同じ性能を持っているのかもしれませんよ?

 

逆に、文章入力のように軽い仕事しかしないのならMacBook Airの性能面では十分です。

しかし、画面解像度が少ないMacBook Airに十分と言っていいのか…??

 

画面解像度も全然違う

パソコンを使う上で気になるのは性能だけではないはず。

MacBook AirとMacBook Proでは画面解像度が2倍程度違います。

 

いわゆる画質がいいってやつです。

MacBook Airの画面解像度は

1,440 x 900ピクセル。

 

対してMacBook Proは13インチで

2,560 x 1,600ピクセル。

 

圧倒的にMacBook Airの解像度が低いです。

ちなみにスマホであるiPhone6splusの解像度が

1,920 x 1,080なので

MacBook Airは

スマホより画質が悪いということになります。

 

MacBook AirとProの値段は変わらない

ちなみにMacBook AirとMacBook Proって値段はそんなに違わないですよ。

これ意外でしょう?

 

2015の例で言えば、

13インチMacBook Air

1.6GHzプロセッサ 256GBストレージで

¥136,800円です。

 

っで、13インチMacBook Proが

2.7GHzプロセッサ
128GBストレージで

¥148,800円です。

 

12000円しか変わりません。

でも12000円でこんなにも性能に違いが出てきます。

 

 

 

なので気にするのは性能と画質重視のMacBook Proか

軽さと薄さを重視するMacBook Airか

ってことだけですね。

スポンサーリンク

このブログの運営者

アライユウキ

毎日片道1時間半かけて大学に通う社畜予備軍。
高校までは文系でしたがいろいろあって現在はガチ理系工学部にいます。
今はプログラミングのお勉強に時間をかけています。
当ブログは現在月間80000pv。