512 views

広告ブロック時代に僕らブロガーがやるべきこと。

広告ブロックを導入する人が増えてきたようなので、そろそろアドセンスを含む広告だけが収益、という状態っていうのはやばいなー…なんて思えてくる今日のニュース。

 

 

こちらのツイートのリンクから

 

2015年に比べて90%も広告ブロックを導入する人が増えているんです。
このままブログにアドセンスを張っているだけだとまずいような…

 

 

スポンサーリンク

日本はまだ大丈夫な様子

先ほどのニュースによればまだ日本では大丈夫なようですね。

盛んに広告ブロックを導入しているのは中国やインド、インドネシアらへんなようです。

めっちゃインターネットを使っていそうな国たちですね。

 

ちなみに日本は表に入っていません。圏外です。よかったよかった??

↑これはこれでいいのか??笑

 

 

とはいえ、いろんな有名ブロガーさん曰く、日本は海外のトレンドの後追いをする傾向にあるようですよ。

(デザインやツイッター・フェイスブックなどなど…)

 

なので日本でも広告ブロックが流行るのも時間の問題のような…。

 

広告ブロックがネットメディアに与える影響

この広告ブロックがどれだけネットメディアに影響を与えるのか少し書き出していきたいと思います。

とはいえまぁ普通にブログをやっていればわかることなのですが。

 

大体のブロガーや大手ネットメディアは広告を入れて収益にしている

大体のブログっていうのは広告収入をもとに運営されています。

ブログだけではなく、〜新聞とか大手メディア系も広告収入を得ています。

このブログもそうです。

それも結構バカにできない金額。

 

よくあるじゃないですか?

大手のメディアだと、本文が表示される前にまず大きく広告が表示されて…それから右上の×印をクリックすると読めるようになる、って感じのやつ。

 

その広告が表示されなくなるってことは結構な損害ですよね。

…そのメディアが広告だけで成り立っているならば。

 

有名ブロガーは広告に頼らない

はあちゅうさんをはじめ、有名ブロガーさんたちは収益を広告に頼っていません。

はあちゅうさんやイケダハヤトさんなんてもう広告からの収入なんてなくても食べていける状態ですね。これぞプロブロガーの鏡…。

 

広告ブロックを技術面で考えてみる

広告ブロックなんて所詮プログラム、アプリでしょ??

だったらいつかそれを上回るコードを作ってくれるでしょ??

なんて考えもあるかもしれません。

 

…結論から言うと、技術的な面で見ても広告ブロックというのは回避できません。

というのも…まぁこれもプログラマーさん達から見たら当たり前なのですが、「イタチごっこ」ということです。

 

広告会社とアプリ会社のイタチごっこ

 

これはAppleとGoogleの例です。

 

 

んでこれが

アンチ広告派のプログラマ、ハッカーとFacebookの記事です。

(これはオープンソースで作られているソフトなので結構きついですね…。

彼らがどのくらいいるのかもわからないですし。)

 

 

いかに広告ブロックを回避できるコードを作ろうと、世界の広告ブロックを開発するアプリ会社(特に中国系)はそれを上回るプログラムを書きます。

 

それを見越して、広告会社が広告ブロックを開発するアプリ会社に対してお金を払い、ブロックリストから除外してもらうという流れすら来ているんです。

 

ソースはこちら

 

Murphy Appsを運営するDean Murphy氏にとって、わずか1週間で900万円という利益は好調以外の何ものでもないわけですが、Murphy氏はさらにこのアプリを活用したビジネスを展開し始めているとのこと。Murphy氏は、有名な広告ブロックツール「Adblock Plus」を開発・提供しているEyeo GmbHとの間で、AdBlock Plusが運用している広告ブロック回避の「ホワイトリスト」を共有することで合意に達しています。

AdBlock Plusで運用されている「ホワイトリスト」は、広告主がEyeoに料金を支払うことでAdBlock Plusのブロック機能を回避するというもの。既にGoogleやMicrosoftなどの企業が料金を支払ってブロックを回避していますが、このホワイトリストにリストアップされるためにはさまざまなハードルが設けられており、例えリスト入りを申請しても実際に認められる割合は高くないとのこと。その実態や、掲載が認められる「控えめな広告」の審査基準は以下の記事でも確認することが可能です。
情報源  :広告削除アプリ「Crystal」が広告主向けに有料で広告を「表示させる」プランを開始

 

ちなみに多くのブロガーさんやメディアが採用していると思われるGoogleアドセンスはブロック対象です。

だからこのままだと大変なのです。

 

先ほど貼っておいた引用のニュースは古いんです。2015年09月25日の記事です。

んで今書いているのは2016年8月25日。今、googleアドセンスは完全にブロック対象です。

僕のiPhoneで確認しました。うん、1年で随分と変わるものです!

 

 

スポンサーリンク

広告ブロック時代に対抗するには?

広告ブロック時代に対抗するために僕が考えた考えを書いておきます。

というかいろんな人のブログを読んで考えてみた結果なんですがね。

 

脱バナー広告!!テキスト広告はブロックされない

テキスト広告はブロックされません。だってあれリンクですもんね。

<a></a>ですよ!?

さすがにこれブロックはできません。

 

実際に僕のブログでも実験的にバナー広告とテキスト広告、どっちも載せたブログ記事を投稿していますが、

バッチリ?バナー広告はブロックされていました。そんでテキスト広告は無事です!

 

こちらがバナー広告とテキスト広告どっちも載せたブログ記事です。 
記事 :タダ!0円で当ブログをSSL化しましたよ。
(これの「エックスサーバー ならSSL化が無料」っていう見出しのとこです。)

 

これは「イケダハヤト」さんがとっている方法でもありますね。

こっちの方が読者的にもいいですもんね。

見た目的にも、通信量的にも。

 

広告収益をなくすという選択

これは「はあちゅう」さんがとっている方法ですね。

あの方のブログを読んでみると、もはやSEOとか収益とか関係なくなっていることがわかります。

 

 

その代わりに、自身の著書や自身のサロンを紹介しています。

まるでテレビのCMのようですね。

しかもテレビのCMと違ってみんながしっかり宣伝を読んでくれる。

記事の内容と広告がマッチしているから。

 

 

この方法はある程度の知名度と定期的に見てくれる読者(ファン)が必要ですね。

なので僕みたいな弱小ブロガーには使えませんが、

ある程度の定期的な読者とかを持っているブロガーさんや大手メディアさんなんかは使える手段なのではないでしょうか??

 

兎にも角にも今、ブロガーがやるべきこと

脱、バナー広告!!

というか脱!アドセンス!!

 

バナー広告は見た目的にも通信料的に見ても良くない!

しかもSEOに関するアルゴリズムが変化したら打撃を受けやすい!

 

そんな怖い収益で生活するなんて考えられないですよ!!

↑他人事

 

今のところでは「note」「メルマガ」「サロン」「著書」がブロガーにあった収益化の手段なんだそうです。

これは完全に「イケダハヤト」さんと「はあちゅう」さんらへんを見て思ったことです。

(ただしイケダハヤトさんは著書に関しては効率が悪いと言っています。)

 

なので、これからはブログで少しずつ定期的な読者を増やしつつ、自身の収益につながるものに誘導していくっていうのが良いのでは??

 

 

脱アドセンスに関してのおまけ

僕の所属する「八木仁平のブログカレッジ」というオンラインサロンで、一時期「アドセンスの向こう側」なんてものが流行りました。

これは本来、アドセンスの規約で表現できないヤバイことを、ツイッターや同サロン内で書きまくるというヤバイ企画です。

 

マジであと2〜3年くらいしたら、みんなアドセンスを外すのではないか?と考えています。

そしてら多分、

ブロカレメンバーを中心にやばいことになるでしょう。間違いない。

スポンサーリンク

このブログの運営者

アライユウキ

毎日片道1時間半かけて大学に通う社畜予備軍。
高校までは文系でしたがいろいろあって現在はガチ理系工学部にいます。
今はプログラミングのお勉強に時間をかけています。
当ブログは現在月間80000pv。