1,162 views

あの人気声優が朗読してくれる本を聞かないなんてもったいない!

宮野真守や花澤香菜さんが朗読してくれる本を買いました。

イヤホンで聞くとなかなかヤバいです。笑

買った本はこの2冊

  1. 羅生門
  2. 女生徒

いずれも学校の現代文とかで読んだことあるのではないでしょうか?

別に声優が目当てで買ってもイイと思います。笑

近代文学を知ることに変わりはありませんから。

 

こんな感じ

人気声優が読む近代文学

人気声優が読む近代文学

 

 

 

 

スポンサーリンク

宮野真守が読む羅生門

です。短編集みたいな。

特に蜘蛛の糸なんかは面白いかと思います。

 

んで肝心のCDはというと

宮野真守が読む羅生門 (iPhone)

宮野真守が読む羅生門
(iPhone)

宮野真守が読む羅生門

宮野真守が読む羅生門

 

普通にイイです。

というか、宮野真守さんが読んでいるのでなんだかアニメでも聞いてる気分になる。笑

寝る前に毎回聞いてたら覚えますね。まぁ最後まで行かないで寝落ちすると思いますが。

 

宮野真守ファンにはたまらないでしょう。

 

 

花澤香菜が読む女生徒

こちらは花澤香菜さんが読む女生徒です。

これも学校の現代文で読んだって人は多いのではないでしょうか?

内容として

  1. 女生徒
  2. ろまん燈籠

です。


あさ、眼をさますときの気持は、面白い。

かくれんぼのとき、押入れの真っ暗い中に、じっと、しゃがんで隠れていて、突然、でこちゃんに、がらっと襖ふすまをあけられ、日の光がどっと来て、でこちゃんに、「見つけた!」と大声で言われて、まぶしさ、それから、へんな間の悪さ、それから、胸がどきどきして、着物のまえを合せたりして、ちょっと、てれくさく、押入れから出て来て、急にむかむか腹立たしく、あの感じ、いや、ちがう、あの感じでもない、なんだか、もっとやりきれない。


 

こんな見たことのないような文で始まります。

気持ちの言語化というか。

ぶちゃけまだ全部は読んでないですが今んとこ面白いです。

 

肝心な朗読CDは

女性と再生画面(iPhone)

女性と再生画面(iPhone)

女生徒朗読

女生徒朗読

 

あぁー。もうアニメじゃん!?

花澤ボイスが効くわ。笑

これは聞かなきゃわからん。寝ながら聞こ。

 

なんかいいですよ、現代風って感じで

現代文の授業で「勉強」として読まされていたこれらの近代文学ですが、

まさか自分から読むことになるとは思いませんでした。

 

 

スポンサーリンク

人気声優が読む近代文学まとめ

最後にまとめておきたいと思います。

 

こちらは梶裕貴さんが読んでるみたいです。

細谷佳正さんが読んでいるそうです。

スポンサーリンク

このブログの運営者

アライユウキ

毎日片道1時間半かけて大学に通う社畜予備軍。
高校までは文系でしたがいろいろあって現在はガチ理系工学部にいます。
今はプログラミングのお勉強に時間をかけています。
当ブログは現在月間80000pv。