439 views

ポケモンGOでバッテリー消費が半端なくなるだろうから対策を打つ

ポケモンGOって絶対消費電力半端ないでしょ!!

ただでさえ減りやすいスマホのバッテリー。いざって時に必要になったら大変!

対策として

  1. Pokémon GO Plusを使う
  2. モバイルバッテリーを使う

このくらいでしょうか?

まずはモバイルバッテリーから!!

ってわけでモバイルバッテリーを買いました。

 

 

スポンサーリンク

バッテリーといえばANKER!

Ankerのモバイルバッテリーにしました。

IMG_4438

 

小さくていい感じ!

 

iPodtouchとの大きさ比較画像

IMG_4439

iPodtouchとの大きさ比較

 

 

便利な袋も付いてきます!!

便利な袋付き!!

便利な袋付き!!

この袋にiPhoneのケーブルとタブレット用の充電ケーブルの2本を入れてます。

 

ちなみに容量は10000mAhもあります。

 

使ってみた感じ、まぁ大容量だなーって。

充電もそれなりに早いし。

ぼくはもともとそんなにバッテリーで困ることはあんまりないのですが、

一応セールでめっちゃ安くなっているところを買ってみたって感じ。

 

まぁ今年の夏はめちゃくちゃ使うだろうけどね!!!

主にポケモンGOで。

 

 

Ankerの特徴

公式ホームページを見てみましょう。

製品の仕様:容量 :10400 mAh / 38.48 wh出力 :5V / 3A入力 :5V / 2A重さ :約240gサイズ :約97 x 80 x 22mm

Anker PowerCore 10400

最適な容量と持ち運びやすさを両立

 

大容量

iPad Airに約1回、Galaxy S6に約2回半、iPhone 6に約4回、その他ほとんどのスマートフォンに複数回の充電が可能です。

 

フルスピード充電技術

Anker独自技術PowerIQテクノロジーにより、接続された機器を自動的に検知し、最大3Aでフルスピード充電を可能にします。iPadとiPhoneを同時にフルスピード充電可能です。

 

複数の保護システム

サージ保護機能とショート防止機能により、長期間安心してお使いいただけます。

情報源: Anker | PowerCore 10400 | Black

 

iPhone6に4回ですか。

どんなもんでしょうか。ていうかiPhone6ってどんくらい持つのでしょうか。

Appleの公式ホームページを見てみます。

電源とバッテリー6リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電

連続通話時間:3Gで最大14時間

インターネット利用:3Gで最大10時間、4G LTEで最大10時間、Wi-Fiで最大11時間

HDビデオ再生:最大11時間

オーディオ再生:最大50時間

連続待受時間:最大10日間

連続通話時間:3Gで最大24時間

インターネット利用:3Gで最大12時間、4G LTEで最大12時間、Wi-Fiで最大12時間

HDビデオ再生:最大14時間

オーディオ再生:最大80時間

連続待受時間:最大16日間

情報源: iPhone 6 – 仕様 – Apple(日本)

 

うーん、オーディオ再生が最大で50時間かー。

てことは4回で200時間!!これいいんじゃない!?

 

これにもう一つ、取れそうな対策があるので書いておきますね。

 

 

Pokémon GO Plusを使う

 

Pokémon GO Plusのご紹介

Pokémon GO Plusは、スマートフォンの画面を見続けなくても『Pokémon GO』を遊ぶことのできるデバイスです。Bluetooth Low Energyを用いてスマートフォンと連携し、近くにポケモンがいる等のゲーム情報を、ランプと振動で知らせます。また、ボタンを押すことでポケモンを捕まえる、等の基本操作を行うことも出来ます。

情報源: 『Pokémon GO』公式サイト

 

このPokémon GO Plusっていうのが気になる。

これ使えばスマホ画面見なくていいってこと!??

めっちゃバッテリー節約になるじゃん!

 

 

 

スポンサーリンク

さぁこれでポケモンGOのバッテリー対策はバッチリ!

バッテリーを気にせずどこへでもいけますね!

 

スポンサーリンク

このブログの運営者

アライユウキ

毎日片道1時間半かけて大学に通う社畜予備軍。
高校までは文系でしたがいろいろあって現在はガチ理系工学部にいます。
今はプログラミングのお勉強に時間をかけています。
当ブログは現在月間80000pv。