507 views

3Dtouchがなくて不便に思ったことが2つある

 

 

…現在、満員電車の中、iPod touchでこの記事を書いています。

そこで気づいたのですが…

iPod touchに「3d touch」の機能がないじゃん!!!

使いづらっっい!

まさか、こんなに僕のiPhoneライフに3d touchが浸透しているとは思わなかったです。

というわけで、3d touchがなくて不便に思った機能についてまとめていきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

僕が主に使っている3d touchの機能

  • アプリの切り替え
  • カーソルの移動

の2つ。

この2つがないだけで全然違います。マジで。

3d touch でこれらの機能を扱えるようになれば、

今までとは比べ物にならないくらい効率的にiPhoneを使えるようになります。

というか、逆にこれらが使えないせいでiPodtouchでは随分と時間を消費しています。

 

 

アプリの切り替え

3dtouchがあると、ホームボタンを押す必要がなくなってメッチャ便利。

 

画面左端をちょっと強く押し込むだけでイイんです。

僕がiPhone6sを買ってもらってからは、ずっと3dtouchによってアプリを切り替えていますよ。

 

こんな感じ!

FullSizeRender 2

すっと、いけます。わざわざ親指をホームボタンまで持っていく必要がないんです。

ちなみにTwitterからEvernoteへの切り替え。頻繁に行うので便利!!

 

でもこの機能が使えないのは不便だなー。

ホームボタンを2回も押すのは面倒くさい!!

 

 

カーソルの移動

3dtouchでのこの機能はマジで便利。
3d touchがないと、 長押しして拡大鏡を使いつつカーソルを…

みたいなことをしてました。

 

これがかなりの確率で失敗する!

なかなかイライラしますよね。

でも、3d touch が登場してから変わりました。

 

3d touchの場合、

キーボードのどの部分でもイイからちょっと強く押し込む。

そうするだけでiPhoneなどのソフトウェアキーボードがMac のトラックパッドみたいな画面に変化して、自由に画面上のカーソルを動かせるようになります。

 

ちなみに、カーソルを自由に動かせるようにした後、さらに強く押し込むと編みかけ(文字を選択してコピペとかに使うやつ、文字の背景が青くなるやつです。)になります。

3dtouchができない端末だと編みかけって難しいんですよね。

 

この写真を見れもらえば分かりやすいかな。

IMG_0026

この状態からちょっとキーボードを押し込むと…

IMG_0025

こんな感じで、キーボードがまるでMacのトラッグパッドみたいに変化するんです!

ちなみにこの画像ではその一段階先のモードで、編みかけをしています。

 

カーソル移動と編みかけが楽になるだけでモブログがメッチャ捗ります!

 

 

 

スポンサーリンク

モブログするなら3d touchが必要

うーん……。

iPodtouchでモブログもいいんですよ。

特にあの小ささ。フリック入力するには最適なサイズです。

でも…3d touchがないだけでこんなにも不便になるとはなー。

モブログに関しての記事はこちら

 

モブログに3d touchは必要ですね。

 

 

3dtouchが使えると便利なことまとめ

3d touchは僕の気づかぬうちに、随分と活躍していたようです。

 

ここにまとめておきますね。

  1. カーソル移動がマジで便利!
  2. アプリの切り替え時にホームボタンを押さなくて済む!

他にもたくさんの機能がありますが、この2つです。特に便利なのは。

 

今まで3d touchの使い方がよくわからず放置していた方もいるかもしれません。

ですが本当に便利です。

iPhone6sなど3d touchが使える端末をお持ちならば是非みなさん、使ってみてください!!

 

スポンサーリンク

このブログの運営者

アライユウキ

毎日片道1時間半かけて大学に通う社畜予備軍。
高校までは文系でしたがいろいろあって現在はガチ理系工学部にいます。
今はプログラミングのお勉強に時間をかけています。
当ブログは現在月間80000pv。