568 views

【CPU】Core i7 5650uはブロガーである僕にとっては十分すぎる性能であったよ

 

Core i7 5650uブロガーである僕にとっては十分すぎる性能

ってことなんですけれども、

ぶっちゃけこのCPUが搭載されているパソコンなんてもうMacbook Air の2015しか知りません。

他のブログを見てみると、なんだかベンチマークだとかクロック周波数だとかそんな数値で表示されています。

そんなんじゃわっかんねぇ!!

って人が大多数だと思うので、約1年間使ってみての感想などを書いていきたいと思います。

なるべく数値は使わないように心がけます!

 

 

 

スポンサーリンク

僕の環境

僕はCore i7 5650uをMacbook Airの2015の11インチのパソコンで使っています。

ていうかMacbook Airの他に搭載されているパソコンってあるのでしょうか??

Macbook Airはバッテリーの持ちが半端ないので、かなり消費電力を抑えたCPUであることが言えます。

 

 

ブロガーとして

ブロガーとしてなんですけれども、基本的には文字入力です。

たまに写真を加工したりすることもできますが、

ほとんど写真はiPhoneでも十分に加工できるのでiPhoneでやっちゃいます。

(まぁ、加工と言っても文字を挿入するくらいですが、、、)

( ̄ω ̄;)エ

 

もちろんiPhoneで出来ることが、このCore i7 5650uでできないなんてことはないですよ。

 

また、資料を集めたり、ブログアクセスの状況を見たりするときにインターネットサーフィンをしたりしますが、

 

それについてはもう、快適そのものです。

 

ていうか今時のパソコンで、めちゃくちゃ安いモデルでない限りでは問題ないですよね。ネットサーフィンくらいは。

ちなみに、僕はSafariのタブを10個くらい、Chromeを15個くらい常に開いています。笑

こんなにタブを開いていても全く遅くなるなんてことはありませんでした。

ただ、これはMacbook Air にメモリが8GB搭載されていることの恩恵もありますね。

 

IMG_4355

作業風景

 

また、このCPUはかなり省電力になっています。

普通にしていれば、発熱もほとんどありませんし、ファンも回らない。

これは本当にいいです。

まるでiPadにキーボードがついたみたいな感じ。

 

まとめ

  • ネットサーフィン
  • 軽い写真加工

は全く問題ないです。

 

 

4Kの動画をYoutubeで見る

Youtubeを見る場合、少し力不足になることがあります。

つまり、グラフィック面です。

一応、インテルHDグラフィックス6000というかっこいい名前の内臓グラフィックが搭載されていますが、所詮は内臓ということです。

 

もちろん、普通にYoutubeを見る分には全く問題ないです。

HD画質で4本同時再生してみましたが、カクツキはありませんでした。

 

でもですね、最近流行ってきている、4Kの画質では結構きついです。

というのも、問題になるのはこのCPUだけではないんですが。

2つの問題点があります。

 

グラフィック性能

1つとして、普通にグラフィック性能が足りない。

全く再生できないということはないのですが、所々でカクツキます。

また、普段このCPUを使っている場合、ほとんどファンは回らないのですが、4kを再生するときは一気に回り始めます。

まぁ、こんなに省電力なCPUに4kというのはまだ早い、といった感じですかね。

 

Wi-Fi環境による

2つ目の問題点として、

このCPUが搭載されているであろうノートPCではインターネットをするのにWi-Fiを使うと思います。

これが、4kを再生するのに追いつかないというのがあります。

僕の家の場合、NURO光です。

普段は快適にインターネットサーフィンやYoutubeを見ることができますが、4kに関してはまったく追いつきません。

多分、Wi-Fiだからでしょう。

本来ならば有線接続でインターネットに接続すれば、なんと下り最大2Gbps出るそうです。

NURO 光は個人宅向け商用FTTHサービスとして、下り最大2Gbpsの超高速回線を実現しました。音楽や動画コンテンツファイルのDL、ストリーミングサービス、ブラウジングもストレスなく快適に。あなたのインターネットライフをより一層楽しい世界へと導きます。

情報源: 光回線インターネットサービス NURO 光とは | NURO 光

 

こんな数値は信じられませんが。笑

僕の家でも、有線接続だったらもっと早いんだろうなー。なんて思ったりしています。

一応、僕のWi-Fi環境として802.11ac接続ではあるのですがダウンロードに関しては平均22Mbpsしかでません。

この数値は普通にインターネットサーフィンをしたり、Youtubeを見たりするのには全く問題なく、快適なのです。

が、4kになると全く歯が立たない、といった感じになります。

 

つまり、有線接続することができないMacbook Air などのノートPCでは(Wi-Fi環境によりますが)4kのYoutube再生はできないと考えておいたほうがいいです。

これから、4kディスプレイを買う予定の人は注意しておいてください。

まとめ

  • 普通にHD画質では十分快適に楽しめる
  • 4kのYoutube再生はWi-Fi環境の場合、(家のWi-Fi環境によるけれど)できないと考えたほうがいい

ってところです。

 

こちらはNURO光でございます。笑

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、どうでした?

まぁグラフィック関係についてはYoutubeしか紹介できませんでしたが、、、

ネットやYoutubeを軽く楽しむ、くらいの人であれば十分な性能を持っています。

また、かなり省電力なCPUなので普段からPCを持ち歩く人にはオススメ。

動画編集とは無縁な僕みたいなブロガーにもオススメ。笑

 

 

(注意)こちらは僕の使っているMacbook Airと同じ世代のものですが、Core i5です。今回の記事ではcore i7について書いてあります。

 

 

 

スポンサーリンク

このブログの運営者

アライユウキ

毎日片道1時間半かけて大学に通う社畜予備軍。
高校までは文系でしたがいろいろあって現在はガチ理系工学部にいます。
今はプログラミングのお勉強に時間をかけています。
当ブログは現在月間80000pv。