8,716 views

酸欠少女さユりとCDアルバム紹介~圧倒的な歌声!!

 

最近、僕がめっちゃハマっているアーティストの紹介をしたいと思います。

酸欠少女さユりです。

酸欠少女さユりの曲ってどの曲がどのアルバムCDに入っているか分かりづらいですよね。

それも今回はまとめていきたいと思います。

今回は、後悔のないよう圧倒的ボリューム(6月のユキライフ史上)でお送りし、皆さんにより深く酸欠少女さユりについて知ってもらおうと思います。    

 

 

 

スポンサーリンク

酸欠少女さユりとは

これは前の記事とかぶるところもあるんですが、、、 見ていない人もいるかと思うのでもう一度!  

 

まずは公式サイトを見てみよう

 

酸欠少女これはいい。初めて聴いた瞬間にそう思った。 ナチュラルに震え続ける声。 ビブラートとも違う、繊細な揺らぎを湛えた歌声。 吐息のひとつひとつがメロディに寄り添い、その揺れが抜き差しならない切迫感を伝える歌声。 ――そう、まず僕がこの人に対して強い興味を抱いたのはその「歌声」に対してだった。 2015年8月26日デビュー酸欠少女さユりのオフィシャルウェブサイト、最新情報、ライブ情報など掲載。

情報源: 酸欠少女さユり公式サイト  

ものすごいこだわってますよね!このサイト。

一体どうやって作ったのか全くわからん、、、笑

いつかこんなのを作れるWEBデザイン能力を身につけたいものです。

 

 

えー2.5次元パラレルシンガーだそうです。

酸欠少女さユりについてこの公式サイトでじっくり勉強してもらうと、これから紹介する曲の世界観もより深く理解してもらえるんじゃないかと思います。  

 

 

youtubeで見てもらうと分かりますが、どれもPVがとんでもなく、凄いことになってます。

世界観がはんぱねえ!  

そして、ところどころ出てくる2人のさユりも可愛い!! というわけなので一度見てもらいたいと思います。

 

 

酸欠少女さユりの曲を紹介!

  まずはこの曲、「それは小さな光のような」動画もありますのでどうぞ。  

 

「それは小さな光のような」

 

……歌詞が重い!

そしてあの白い女の子怖いよ。。。(ノ゚⊿゚)ノ

作詞作曲 梶浦由記

 

後で取り上げますが、梶浦由記さんは僕のめっちゃ好きな人です。

アニソン好きな人は知っている人が多いとは思いますが、それ以外の人にもマジでこの人の曲はおすすめです。

 

 

次はこの曲、「来世で会おう」 タイトルからもう惹かれますよね。

僕もブロガーとしてタイトルのセンスを磨かなくては、、、 ますはこちらで聴いてみてください。

 

「来世で会おう」

 

 サビもすごい迫力ですが、それに加えてPVによる効果も大きいです!

 

先ほど紹介した、「それは小さな光のような」と世界観的には続きになっているそうですよ。  

 

ちなみにこの曲は「それは小さな光のような」のスペシャルエディションに入っています。 見つけにくいですよね。後で紹介します。

 

 

そしてお次は僕一番のオススメの曲!

 

 

「ミカヅキ」

 

 

この曲、入りからいいですよね。

作詞作曲 さユり

 

 

酸欠少女さユりの顔がしっかりと見えます。 あぁ可愛い。笑

それとは裏腹に歌詞はちょっと重い。ギャップがある。

だからか歌詞がちゃんと頭に入ってきます。

 

 

それにしても、作詞作曲を自分でやるってかっこいいですよね!

 

 

次の曲は、

どれもPVがもの凄い酸欠少女さユりですが、

その中でも特に凄いヤツです。

「ちよこれいと」

 

 

…このPVすごくないですか!?

逆再生ですよ、逆再生。

僕は最初、気づきませんでした。

いったいどんだけ練習したんだし。笑

 

 

ていうか、どうやって撮影したんだろ。これ。

もっと酸欠少女さユりが有名だったら、絶対TVやニュースで紹介されてるレベルですよね!

 

 

これ、僕が酸欠少女さユりの中で2番目に好きな曲です。

  作詞作曲 さユりさん自身でやられています。  

 

ミカヅキのCDの中に入ってるみたいです。 

「ふうせん」

 

ホントにPVにこだわってますね!笑

歌詞もわかりやすくていいです!!

 

 

この曲とかは作詞作曲をさユりさん自身がやられているそうです

めっちゃセンスありますよね!?

 

 

酸欠少女さユりのyoutubeチャンネル

この記事書き終わった後にも曲がyoutubeにのると思うのでチャンネルを貼っときますね。  

 

それは小さな光のような~梶浦由記による作曲~

portrait-b2梶浦由記の作詞作曲による楽曲であること。しかもそれがまた梶浦節としか言いようのない独自のリリシズム、あるいは終末観と希望のコントラストが際立った名曲である、ということ。加えて、さユり本人も大好きだと語るアニメ『僕だけがいない街』のエンディングテーマに抜擢されていること。

情報源: 酸欠少女さユり公式サイト  

「それは小さな光のような」は梶浦由記によって作詞作曲されています。

梶浦由記ってみなさん知っていますか???  

 

 

僕は作詞作曲なんて誰がしても気にしないタイプの人なんですが、あまりにも僕好みの良い曲揃いなので調べました。

どうやらfate/stay/nightのED だとか 魔法少女まどかマギカ のBGMに使われていましたようです。

 

魔法少女まどかマギカは見てないですが、BGM集は持っています。笑  

ここに映っている女の子たちとアルバム内の曲が全然マッチしていません。
ゾクゾクするような曲調のものが多いです。

 

いったいどんなアニメなんだ。笑

 

 

このアルバムに含まれるほとんどの曲は梶浦由記によってのものです。

気に入った曲調として幾つかあります。

  • ものすごい緊迫感(特にMagiaはやばすぎる!!)
  • ものすごいゆったり感
  • 不気味

などなど。幅広いですね。

 

ただその中でもホントにMagiaはヤバイ!ので是非聴いてもらいたいです。  

 

「Magia」

Kalafinaによって歌われているということもありますが。 期待できるでしょ?笑  

 

梶浦由記の公式サイト

 

FictionJunction.com

  なんかシンプルだけどかっこいいっす。(*゚o゚*)w    

酸欠少女さユりのアルバム-CDまとめ

  酸欠少女さユりってちょっと変わっているんですよね。

ほとんど全部の曲をyoutubeにあげていたりしてますし。

 

 

これって結構珍しくないですか?   おかげて一気に人気に火がついた感じもしますが。

それだとみんなが満足してしまうんじゃないか!!? って僕思うんですよね。

 

ここはブロガーとして見逃すわけにはいかん。(使命感)

応援の意味を込めて、まとめまくるぜ!  

 

amazonとかで買えると思うので曲をフルで聞きたい方はチェックしてみてください。 てことで紹介していきます。    

 

ミカヅキ

まずは僕イチオシのこの曲 ミカヅキです。 いい曲なのでyoutubeで聴いてきてください。

 

ミカヅキ

  ここに貼っておきます

この期間生産限定アニメ版は執筆現在(5月下旬)はお安くなってるみたいです。     興味ないという方は通常盤のこっちがおすすめ   

ちなみにこの中に入っている「ちよこれいと」もおすすめです。

一緒の、しかもCDに入っているなんてもったいない、、、じゃなくて超お得!

 

ここで見てみてください  

「ちよこれいと」

 

実は、酸欠少女さユりの中で2番目に好きな曲だったりします。

  ていうかこの動画、逆再生とかスゴっ!w( ̄Д ̄;)w        

 

 

それは小さな光のような

これは先ほど紹介した、僕の知っている数少ない作詞作曲する人、

 

梶浦由記さんによって作詞作曲された曲になります。

もうほんと好きです。  

 

「それは小さな光のような」を作曲したのも梶浦由記さんですよ。

 

こちらが梶浦由記の曲がいっぱい入っているアルバム。

魔法少女まどかマギカの絵が書いてありますが、中身はすごいです。

 

全然、萌え萌えではないです。 

 

    ここに貼っておきます。    

なんかスペシャルエディションっていうのがあって、これにいっぱい曲入っています。

特に、人気なのをピックアップしときます。

 

ってこの中にも「ちよこれいと」が入っているのね。

 

スペシャルエディション版はこちらです。

 

 

あの逆再生のPVのヤツです。

4番目には入っている「ふうせん」はクリップめくりまくるPVのヤツです。    

 

 

酸欠少女さユりのツイッター

一応貼っておきますね。酸欠少女さユりに関する情報を得るならこちらをチェックです!   

 

 

 

スポンサーリンク

最後に

 

 

「ミカヅキ」です。僕のイチオシ。

こちらはスペシャルエディションでめっちゃいい曲がたくさん入っているので、これだけでも十分な気がします。

スポンサーリンク

このブログの運営者

アライユウキ

毎日片道1時間半かけて大学に通う社畜予備軍。
高校までは文系でしたがいろいろあって現在はガチ理系工学部にいます。
今はプログラミングのお勉強に時間をかけています。
当ブログは現在月間80000pv。