18,489 views

超おすすめの万年筆とペンの紹介です!

ペンって何使ってます?

 僕は大学に入ってからシャーペンというものをほとんど使わなくなりました。

そしてなぜか万年筆使ってます。  

 

このブログのプロフィール写真にも万年筆のってますね。

 

もともと文房具には少しこだわる人なので、今回はペンについて書きたいと思います。  

   

 

スポンサーリンク

万年筆の前にボールペンを紹介

本当は筆記全部を万年筆にしたいのですが…

紙が薄いとにじんだり、裏写りしたりしますもんね。  

 

だからどうしてもボールペンやシャーペンを使わなきゃいけない

シーンっていうのはあると思います。

 

そこで、ボールペンを渋々使っているわけですが

このペンは結構気に入っています。

 

IMG_4240   PURE MALT SS-2005 です。

 

調べてみると面白いですが、これ、オークの木から出来ています。

しかもただのオークの木ではなく

樹齢100年、そしてその後70年間ウイスキーの樽

として使われていたものなんです。    

 

つまりここにあるペンの木は170年前の木なんです!

 

 なんだかすごい!!

愛着湧いてきたわ。笑  

これで確か2000円くらいだった気がします。

 

1年は使ってこんな感じですので、これからも長く使っていけると思います。

 

書いた感じなんてのは、ボールペンすべて同じに感じる方もいるかと思います。

だってボールペンの芯なんてすぐ取り替えちゃしね。

 

でもやっぱり同じペンをずっと使っているとペンの軸に慣れてきます。

そんで慣れたペンが一番自分に合うんですよ。  

ボールペンでも同じものをずっと使う。

 

なかなかいいですよ。書きやすい!    

 

万年筆が使えない時のシャーペンたち

大学なのでマークシートとか書くときがあります。

また授業によってはシャーペンで書いてってこともあります。

 

そんな時に使うのがこれらのペン。

じゃん!

シャーペンたち

黒いDr.Grip full black 0.5は多分4年目です。 白いクルトガは1年です。  

 

基本的に書く量が短く、気合い入れて書くときは白いクルトガ。

トガり続けるので綺麗な見やすい字になりやすいです。

 

 

逆に、

長い作文など疲れるし、やる気ないときはDr.Gripですね。笑 

 

全然疲れないんですよ。 指も痛くならないし。  

どっちも1000円です。  

 

この2本あれば、完璧だと思ってます。

これからも機会があればこの2本に頑張ってもらいます。

 

こちらはドクターグリップのシャーペン。

 

んでこれがクルトガ。これの白を僕が使ってます。

クルトガにはこの芯がおすすめ!

驚きましたがクルトガ用のシャー芯なんてものがあるんです。

万年筆、本命!

万年筆カスタム74  

パイロット、カスタム74です。SFニブ14Kです。

 

とりあえず、金ペンが使いたくて

値段的にもお安く、ネット上の評価も高い万年筆です。

 

これは3年は使ってます!早いものです。    

万年筆拡大

拡大画像

  ペン先、よく映らないですね。泣  

万年筆ペン先

万年筆ペン先

 

3年も使っていると、書きやすいとか、ないです。

これがペンなんだって体が覚えていきます。

 

会社と同じです。最初はどんなに理不尽でも、3年もいればそれが普通になるものです。(注 :経験なし)

 

万年筆の使い道としては… 基本的に英語学習のときしか使いませんね。

というか僕は英語しか勉強してません。笑  

 

英語のどうしても覚えられない単語を書きなぐる、

 

これが最高に気持ち良い!

 

書き終わった紙も英語まみれで、なんか俺、できる人!みたいな。

 

万年筆に限らずボールペンでも言えることですが、

シャーペンと違って筆圧がなくても濃い字が書けます。

 

これがかなりイイ!!

 

どうしても覚えられない英単語なんて、

いらない紙にこの万年筆でサラサラサラーって殴り書いてます。

 

万年筆を使い始めた頃はホント筆圧めっちゃかけて書いてたなー。

本当は筆圧なんてほぼ0でいいんですよ。  

 

サラサラ書けるので軽く英単語がいっぱい書けます。 めっちゃおすすめ!

 

万年筆のインクについて

万年筆のインクはこれを使えばイイんじゃないかと思います。

僕もこれ使ってますし。

パイロットだし。

 

ただもうちょっと高級なインクがイイって人は

これなんかもイイですね!!

PARKER クインク・ボトルインクは優しい色合いが人気

万年筆のインクはいろいろな色合いがありますが、PERKERのブルーブラックは、乾いていく過程で、ややブルーがかった絶妙な色合いに。その優しい色調が、「文字が読みやすい」として、愛用する理由になっている人が多いよう。色の変化が楽しみたいために、頻繁に文字を書くようになったという人もいる。万年質ならではの色合いの妙を味わいたい方にも人気が高い逸品。

 

パーカー ボトルインク クインク ブルーブラック S1162120 57ml 正規輸入品より引用

 

今使っているインクがなくなったらこれを買うつもりです。

なんか書き心地とか違うのかな??

 

 

スポンサーリンク

使ってない万年筆、使えない万年筆

名前が思い出せない万年筆

名前が思い出せない万年筆

 

ちょっと名前も覚えてないです。 誰か教えてください。笑  

 

14kで5000円だったので買ったものです。  

ペン先が本当に最高。

多分めっちゃ太いんだと思います。  

 

いくら力を加えてもまた開きしなかったし、サラサラ書ける。

これで軸がもうちょっと太かったら完璧でした。

あと軽すぎるかな?

 

 

犠牲になった万年筆

ここに犠牲になった万年筆があります。  

僕に万年筆は筆圧が必要ないということを、命をかけて教えてくれた。

君のことを俺は忘れない…。  

犠牲万年筆

犠牲になった万年筆

    COCOON コクーン 3000円

 

 

これは僕が初めて買った万年筆です。  

ペン先に力込めすぎてぶっ壊れました。

  画像はあげられません。あまりにかわいそうなので。    

 

これをやりたかっただけなんだ!!!

ぐうっっとペン先を曲げて線の強弱をつけたかった。

 

でもこれができるのは

このナミキ ファルコン だけです。

 

普通の万年筆では壊れます。 みんな僕の二の舞はやめて!

これ以上万年筆を壊さないでぇぇ!!

 

これが例の動画に乗っていた万年筆ですね。

ナミキ ファルコン…!!

名前からしてかっこいい!!!

 

下に貼っておきます…。

 

 

  

最後に万年筆について注意です

万年筆の世界はハマると青天井です。(つまり買いまくる)

みなさん気をつけましょうね!!

 

僕はカスタム74で抑えました。  

 

また、万年筆に筆圧は必要ありません。  

ペンの重みを利用して指の負担を限界まで削りましょう。

 

僕はこれを知らなかった…

そしてコクーンをぶっ壊してしまった。

 

筆圧を抜いて書くのは、

多少、慣れるまで時間と練習が必要です。

 

が、慣れてしまえばこんなに書きやすいペンはないと思います。

 

 

1つ、使ってみてはどうでしょうか?  

 

僕がおすすめする万年筆まとめ

最後にこれを紹介して終わりにしましょう。

まずは僕が最も使っているこの万年筆

軸も太いし、最高です!何にも言うことない!!

迷ったらこれを買うべし!!

 

こちらは犠牲になった万年筆、コクーン!!

 

これは安いのでおすすめ!僕が買った時は3000円でした!

今はいくらですかね?

ただ、金ペンとはまた違った書き味です。

 

最後に!先ほどの動画にも登場した万年筆!!ファルコン!!!

いつかは買ってやるんだ…

 

スポンサーリンク

このブログの運営者

アライユウキ

毎日片道1時間半かけて大学に通う社畜予備軍。
高校までは文系でしたがいろいろあって現在はガチ理系工学部にいます。
今はプログラミングのお勉強に時間をかけています。
当ブログは現在月間80000pv。